賃貸物件と一戸建て購入はどちらがお得なの!?

Posted by , 2015年6月21日

賃貸物件と購入の初期費用の比較

住宅を探す場合、賃貸物件を借りるかそれとも購入するかで迷う場面がありますね。特に結婚をした時や子供が生まれて家が狭くなった場合にはこの2つの選択肢があります。賃貸物件の良さは初期費用がほとんどかからない点ですね。最初に必要なのは家賃と敷金、礼金、仲介手数料、鍵代や火災保険料など、およそ家賃5か月分の費用だけですが、これに対して住宅を購入するとなると購入資金が必要になります。新築であれば建売の安いところでも2,000万円以上はしますね。

ローンを組むとかなりの負担が・・・

ところか、長期的に住み続けると賃貸であれば毎月家賃を払い続ける割には一向に自分のものになりませんね。これに対して、一戸建て住宅を購入する場合はローンさえ払い終われば自分のものになります。ただ、ローンを組むときに余分に利子を支払わなければならないため、例えば3000万円を35年ローンで借りた場合は1,000万円ほど余分に支払わなければならないという問題点があります。結局、どちらがお得なのでしょうか。

金銭的な問題だけでは決められない

賃貸物件を借りるにしても一戸建て住宅を購入するにしても、長期的な視点で見るとどちらも金銭的な負担はそれほど変わりらないことがわかりますね。金銭的なことは重要ですし、一番の関心事かもしれませんが、それよりもその家庭の環境や趣向などのほうが大きな影響を及ぼすのです。たとえば、転勤が多い仕事に就く場合は一軒家を購入するよりも賃貸住宅を借りたほうがよいでしょう。一方で子供が2人以上いる場合には適当な賃貸物件は少ないため一戸建てを購入したほうがよいのです。

帯広の賃貸マンションは毎月家賃を払っていく事になるのでお金がかかると思われがちですが毎月家賃を払っていく代わりに住宅ローンなどの負担がかかりません。

網走市での賃貸の関連記事
室蘭市の賃貸の記事